保証ファクタリングとは?売掛金を確実に回収する方法を

ファクタリングサービスといえば、売掛債権を譲渡して期日前に資金調達する一括ファクタリングという方法が一般的にですが、ファクタリングの種類にはその他に「保証ファクタリング」というものがあります。

ここでは、保証ファクタリングの基礎知識を紹介します。

保証ファクタリングとは?

保証ファクタリングとは、売掛債権に保証を掛けて売掛金先(支払い企業)が倒産などで回収不能になってしまった場合に、ファクタリング会社が保証をしてくれるサービスです。

一般のファクタリングは売掛債権を譲渡して買い取ってもらいますが、保証ファクタリングの場合は売掛債権の譲渡がないファクタリングになります。

主に建設業界で行われているファクタリングで、売掛債権回収の長期化に対するリスク回避にもなります。

保証ファクタリングのメリット

保証ファクタリングの最大のメリットは、貸し倒れのリスクを回避する事ができる事ですが、他にも売掛金先の与信審査をファクタリング会社に委託できる事もメリットになります。

さらに他にもメリットがあり、以下の様なものがあります。

  • 売掛金先に知られる事がない
  • 国から助成を受ける事ができる
  • 大手のファクタリング会社が提供している

保証ファクタリングのデメリット

一方、保証ファクタリングのデメリットには手数料を支払わなければならない事がデメリットになります。

信用能力が低い売掛金先では手数料が高くなり、信用能力が高い売掛金先では余計なコストを掛けている事にもなります。

その他にもデメリットがあり、以下の様なものがあります。

  • 信用能力が低すぎる場合は利用する事ができない
  • 売掛金先に知られるリスクはゼロではない

保証ファクタリングを利用した方がいい企業とは?

ファクタリングを利用する場合には買取型の一括ファクタリングが一般的ですが、保証ファクタリングを積極的に取り入れた方がいい企業もあります。

保証ファクタリングを利用した方がいい企業とは、売掛金の未回収率(貸倒金)が多い企業です。

売掛金の未回収率が高い企業は、未回収率よりも保証ファクタリングの手数料の方が安い場合、保証ファクタリングを利用した方がメリットになります。

保証ファクタリングまとめ

保証ファクタリングは売掛債権に保証を掛けるファクタリングで、貸し倒れのリスクを回避する事ができます。

与信審査のアウトソーシングとしても使えますので、買取型の一括ファクタリングと使い分けると良いでしょう。

ただし、メリット・デメリットがありますので、自社に合った方法を選択することが肝心です。

urikake-adobansu02