2社間ファクタリングで手数料を下げることはできる?

ファクタリングは3社間取引をすると手数料が安くなりますが、2社間取引をすると未回収のリスクがあるため高くなります。

取引先のクライアントに通知するのを避けたい場合は2社間取引で手数料を下げてもらいたいと考えるでしょう。

そのような時は交渉をして手数料を下げてもらう方法がありますが、ポイントがあるので紹介していきましょう。

目次

取引の継続性があるかどうか

ファクタリングは売掛債権を売却して資金化するため取引の継続性があるかどうかで信用性が変わってきます。

継続性があると判断されれば信用性も高まるので交渉すると手数料を下げてくれることがあります。

契約書だけでなく事業計画なども用意すると取引の継続性をアピールすることができるので効果的です。

返済実績もアピール材料

過去に銀行やビジネスローンを利用して事業資金を調達した経験があってもその事実を言いにくい部分もあるでしょう。

借金をしたことになるので手数料がさらに高くなってしまうのでははないかと不安になるものです。

しかし見方を変えればしっかり返済していることにもなります。

そのためファクタリング会社からも借りたお金をしっかり返済すると評価されて信用性が高まるケースも少なくないのです。

返済実績をアピールすると手数料を下げてもらえることがあるので交渉するときのポイントにもなります。

紳士的に交渉をすることも大切

どうしても手数料を下げてもらいたいときは強気な態度を取って交渉してしまうことがあります。

しかしファクタリング会社からするとすごく失礼だと感じてしまうことも多いです。

特に初めて利用する場合は業者側もどのような企業なのか分からないため慎重になります。

そのためリスクを考えて手数料を高くしているので強気な態度で交渉をするのは良くありません。

紳士的に交渉をして業者側に安心感を与えることが手数料を下げてもらえることに繋がっていくケースもあります。

関連記事

目次