ファクタリングは銀行融資と比較すると審査が早く、資金調達までの時間を短縮する事ができます。

そのメリットを活かして、急な資金調達にも対応できるため、緊急の資金繰りを求める中小企業にとってはありがたい存在です。

ただし、一刻も早く資金を手に入れるためには前もって準備をしておく事が大事です。

仮に即日入金を希望する場合、よりスムーズな契約を行えるようポイントがあります。

ここではファクタリングにおいての即日入金のポイントを紹介していきます。

ファクタリングで即日の入金をするためのコツとは?

ファクタリングにおいて即日の入金は可能なのか?と思われるかもしれませんが、2社間ファクタリングであれば比較的短い資金調達が可能です。

基本的に申し込みから審査完了・入金まで、2日~1週間程度で入金されるケースが主流です。

ファクタリング会社によっては、条件がそろえば申込日当日、即日の入金も可能なケースもあります。

では、そのような即日の入金をどのようにすれば可能になるのかをポイントごとに見ていきましょう。

審査が甘いファクタリング会社にする

ファクタリング会社の種類は多くその会社ごとに特色があり、スピーディーな審査と契約締結に特化しているファクタリング会社もあります。

そのようなスピーディーで即日入金が可能なファクタリング会社を選ぶ事がまずはポイントになります。

その際のファクタリング会社を選ぶ時のコツとしては、2社間ファクタリングのみを請け負っているところや、大手ではなく中規模程度のファクタリング会社の方がオススメになります。

大手のファクタリング会社では小回りが利かないため、どうしてもスピードが遅くなってしまい即日の入金には向いていません。

複数の売掛債権を申請しない

ファクタリングは売掛債権を譲渡して資金調達しますが、その売掛債権を複数の案件を一度に買取ってもらおうとすると審査にも時間が掛かってしまいます。

可能であれば小口契約にするとスムーズにいきます。

また、売掛債権の内容も審査の時間に関係するため売掛先の会社(取引会社)からの支払い期日が短い売掛債権の種類の方が、即日の入金には向いています。

真摯な対応(身だしなみ)を心がける

ファクタリング会社では対面契約が基本になります。

そこで真摯な対応と身だしなみなどが少なからずチェックされる事になります。

審査基準の中には利用者の態度や人柄などもチェック項目に入ってくるので、審査を鈍化させる無用な弊害はなるべく少なくしておく必要があります。

即日入金をするために事前にしておく事とは?

実際にファクタリング会社に申し込んでから入金されるまでは、いくつかの工程があります。

申し込み→仮審査(ヒアリング)→本審査(面談)→契約といった内容になり、申し込みの前にはいくつか準備をしておくと即日の入金にも支障がなくなります。

申し込みの電話のタイミングがポイント!

ファクタリング会社を利用する場合、会社によってファックスやメールからでも申し込み可能ですが、即日の入金の希望の場合は電話での申し込みがベストです。

また、入金日を最短で頼みたい場合は、とにかく早いタイミングで電話をしておく必要があります。

それにより、ファクタリング会社としても利用者のために尽力しやすく、最短での審査や入金処理がスムーズにいきやすくなります。

自社の経営状況の概要や売掛金先の概要を把握しておく

仮審査の場合では自社の経営状況や資本金などを聞かれる事もあるので、ある程度自社の概要を把握しておく必要があります。

また、売掛債権や売掛金先の概要も聞かれるので大まかな数字(売掛金の額など)は頭に入れておいた方が良いでしょう。

必要書類を揃えておく

銀行融資などを申請する場合はいくつかの書類は必要となりますが、ファクタリングにおいても同様で必要な書類があります。

ファクタリングで即日入金を目指したい場合では、それらを前もって準備しておく事が重要です。

特にファクタリングでは売掛債権の内容や実態把握の審査が重視されるので、売掛金先との取引記録や請求書など売掛金が間違いなく存在する証拠をそろえる必要があります。

ファクタリング契約のための必要書類

ファクタリング契約(本審査)での必要書類の一覧となっています。

・自社の登記簿謄本(ファクタリング会社によってはパンフレットやHPでも可)
・売掛金先との取引契約書(請求書、発注書、取引履歴書など)
・納税証明書
・過去の取引先との入金証明書(通帳またはそのコピー)
・決算報告書
・身分証明書

こちらの必要書類はファクタリング会社によってはいくつか増える事もあるので、やはり早い段階での確認が良いでしょう。

個人事業主でも即日入金が可能なのか?

個人事業主の場合のファクタリングの即日入金は可能なのか?と疑問に思う方もいるかも知れませんが、個人事業主の方でもファクタリングの即日入金は可能です。

そもそも個人事業主の方がファクタリングサービスを受ける事ができるのか?と入り口の段階で疑問に思われている方もいますが、数こそ多くはありませんが今のファクタリング会社は個人事業主であっても柔軟に対応している所があります。

そして、個人事業主がファクタリングの即日入金を目指すならば、審査が早いファクタリング会社に絞り込む事や前述した事前の準備が必用となり、特に個人事業主では売掛金の回収日の期間が短い事がポイントになります。

まとめ

ファクタリングの即日入金のポイントをいくつか紹介してきましたが、早いサイクルの資金調達は企業にとってはメリットになり、事業のプランニング変化に対応するためにも必要なことです。

また、ファクタリングは国も推奨している資金調達方法なので、個人事業主にも対応したファクタリング会社は徐々に増えてきています。

即日の資金調達のためにファクタリングを有効活用するには、事前の準備などが重要で常用手段にしておくといざという時にも慌てる事はありません。

おすすめの記事