ファクタリングの審査基準とは?銀行融資の審査よりも早い?!

企業の事業資金の回収には、売掛債権を売却するファクタリングを活用すると手早く現金回収をする事ができます。

今ではファクタリング会社は多数存在していますが、ファクタリングをするためにはまずは審査に通らなければなりません。

そこでこちらでは、ファクタリングを始めるにあたって審査の基準などを簡単に紹介いたします。

ファクタリングの審査基準とは

ファクタリングの審査基準で見るべきものとは「信用力」の一言に尽きます。

企業が銀行などから資金調達をする際にも審査が行われ、その企業に融資金の返済能力があるかを見定めますが、ファクタリングの場合でも同様で審査は存在しその基準も様々です。

まずは、ファクタリングでの審査基準についてポイントごとに見ていきましょう。

売掛金が確実に存在しているか

ファクタリング会社が恐れるものには、売掛金の2重譲渡や架空債権による不履行があり、その売掛金の信憑性や確実性をまずは審査をする事になります。

そのため、実際に取引されていた売掛債権なのかをまずはチェックされます。

売掛金先との契約書などに不備はないか

具体的な審査書類にあたるものには、売掛債権が発生した契約書、取引内容書、入金の履歴証明書などになります。

これらの書類が揃っていないとまずファクタリングのサービスを受ける事はできません。

売掛金先の信用性と関係性を審査

自社(ファクタリング利用者)の信用力が審査される銀行融資とは違い、ファクタリングでは売掛金先の信用力の方が重く見られます。

さらに、売掛金先との関係性が長期にわたって取引が行われているのかどうか、という事も審査の基準になります。

したがって、売掛債権の種類が初めての取引相手で発生したものなると、審査はやや厳しくなる事もあります。

売掛金の支払い日までの長さ

売掛金には支払期日が前もって決まっていて、ファクタリングを利用する場合ではこの支払期日が短いほど審査は通りやすくなります。

ファクタリング会社も売掛金回収は早い方がいいのは当たり前で、債券不履行のリスクなども少なくなります。

ファクタリングの審査落ちになる理由とは?

上記ではファクタリングの審査をポイントごとに紹介しましたが他にも審査基準があり、審査が落ちてしまうケースなどを少し紹介します。

売掛金先が個人の場合など

ファクタリングで落ちてしまう理由の一つに売掛金先が個人事業主である場合があります。

その他にも、アダルト業界の会社や反社会的勢力の業者なども当たり前ですが審査に落ちてしまいます。

ただ、個人であってもクレジットカード債権などは一部例外的にファクタリングを利用できるケースもあります。

売掛譲渡禁止特約が紐づいている

2社間ファクタリングなどでは債権譲渡登記が必要になりますが、その際に売掛譲渡禁止特約が紐づいている売掛債権ではファクタリングを行う事はできません。

ただ、2社間ファクタリングでは売掛金先に知られる事なく取引出来るので、禁止特約が紐づいていてもばれないケースもあります。

これはそのファクタリング会社の資質やモラルに委任されますが、基本的には禁止特約がある場合では審査に通りません。

利用者の態度や対応不足

ファクタリングの利用者本人の態度や対応などに問題がある場合でもファクタリング審査に落ちてしまう事があります。

そのため、ファクタリングを利用する際には身なりや言動なども審査対象になり、清潔感のあるスーツなどを着ていく方が良いでしょう。

銀行融資の審査とファクタリング審査を比較

紹介しているものを見てみると、ファクタリングの審査は厳しいの?と思ってしまうかも知れませんが、銀行融資などの審査に比べてと遥かに甘いです。

その他にもファクタリングの審査は銀行融資と比較すると様々なメリットがあります。

審査基準は利用者側には甘い

売掛債権の信用の方が重視されるファクタリングでは、自社(ファクタリング利用者)への審査などは銀行融資の審査と比べると甘い審査となっています。

そのため利用者にとっては銀行融資よりも負担が軽く、資金調達もファクタリングの方がスムーズに行く事になります。

審査完了までが早い

銀行融資の審査になると3週間~4週間ほど掛かってしまいますが、ファクタリングの審査であれば早ければ数日で完了します。

ファクタリングは借入ではないので、売掛金債権がしっかりと認められればすぐに契約手続きに入る事ができます。

また、銀行融資の審査は企業の経営状況を細かく見る必要があるため時間が掛かってしまいますが、ファクタリングの場合では売掛金先があまりにも危機的状況でなければ審査はスムーズに行きます。

借入ではないのでオフバランスができる

借金となる銀行融資では貸借対照表にしっかりと記載しておかなければなりません。

一方、ファクタリングでは借金ではなく売掛債権の譲渡になるため貸借対照表に負債扱いになる事はなくオフバランス化にも向いています。

まとめ

ファクタリングの審査は銀行融資の審査よりも早く終わりますが、売掛債権の信用性が重要となり全部が審査を通るわけではありません。

一般的に企業は2社間ファクタリングをメインに行っていて、早期の資金調達をしていますがファクタリング会社によってその審査基準は異なります。

ファクタリングの審査に落ちても別の会社に依頼したら審査に通る事はよくあるので、まずはファクタリング会社ごとの審査基準を見てから選ぶ方が良いでしょう。

urikake-adobansu02