ファクタリングは政府も推奨しているのは本当?

ファクタリングは政府も推奨しているのは本当?

ファクタリングは売掛債権を売却して資金化することができる資金調達方法の1つです。

融資が難しいなどの資金不足で悩んでいる会社の経営者にとって便利な資金調達方法と言えます。

このように売掛債権を利用した資金調達方法は、実は経済産業省も推奨しているのです。

ここ数年で景気が回復していると言われていますが、中小企業の中には資金調達に苦労している経営者がまだまだ多いのが実情です。

借り入れする時に不動産を担保にすることも少なくありません。

最近では不動産の価値が低下してきているため必要な資金を調達することができない企業も増えてきています。

資金不足で倒産するケースも多いため、企業支援の意味で政府は常に注視しています。

目次

売掛債権の活用による資金調達

中小企業の支援として、対策の1つとなるのが売掛債権の活用です。

ファクタリングはまさに売掛金を利用した資金調達方法ですので、新しい方法として活用されるようになりました。

ファクタリングは資金不足でも売掛債権があれば資金化することができるため企業が倒産するのを防げる可能性もあります。

これまで活用されていなかった売掛債権を使うことで金融の円滑化に向かうため、経済産業省も周知されるよう努力しています。

中小企業金融円滑化法

中小企業金融円滑化法とは

「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」の略称です。

中小企業などの借り手が金融機関に返済負担の軽減を申し入れた際には、可能な限り貸付条件の変更などに努めるよう盛り込んだ法律です。2008年9月15日に起きたリーマン・ショックと言われる金融パニックのあと、金融危機・景気低迷による中小企業の資金繰り悪化などへの対応策として、2009年(平成21年)12月に約2年間の時限立法として施行されました。

その後、2年の期限がきても状況が変わらないため2回延長され、2013年(平成25年)3月末で終了しています。政府は、時限立法が終了した後も基本的な姿勢は継続するべきと言っています。そして中小企業金融円滑化法の期限切れに伴って、2013年3月に、官民ファンドである企業再生支援機構を「地域経済活性化支援機構」に衣替えし、公的資金を活用して中小企業の事業再生を支援する仕組みをつくっています。

>>ファクタリングの詳細はこちら

関連記事

目次