fakutaringu-toha

ファクタリングの
すべてを解説

ファクタリングの仕組み、手数料、会社の選び方などが分かるサイト

fakutaringu-toha

事業資金を調達する際にファクタリングという言葉をよく聞くようになりました。

今までは銀行から融資を受ける方法が一般的でしたので、詳しく分からない経営者の方もいるかもしれませんが、最近ではファクタリングで事業資金を調達している中小企業の経営者も多くなっています。

ファクタリング発祥のアメリカほどではないとしても、日本でもここ数年でファクタリングはかなり広がっています。

「銀行から融資を受けるより良い」という声が聞かれるケースも増えてきましたので、今後はファクタリングで事業資金を調達するのが主流になる可能性もあります。

そのファクタリングについて、仕組みや手数料、会社の選び方、注意点など徹底解説していますので、あなたの会社にマッチしたファクタリグ会社を選ぶための参考にしてください。

ファクタリングとは?

fakutaringu-urikakekin

ファクタリングとは、企業が保有する売掛債権を期日前に買い取って現金に換える仕組みで、一般的にファクタリングの専門業者が行います。

売掛債権は、企業がクライアントに商品やサービスを提供し、その対価(料金)を得るための権利です。

ファクタリングサービスが普及する前は、売掛債権を持った企業は、その期日まで現金を手にすることが出来ませんでしたが、ファクタリングを利用することで期日前にスピーディに現金を確保できるようになりました。

資金繰りに苦しむ中小企業が多いと言われる中で、売掛金があるだけで現金調達できるファクタリングは資金調達方法の1つとして存在感が高まっています。

「ファクト(fact)」という英語がありますが、仲介者という意味もあるためこの資金調達方法がファクタリングと呼ばれるようになった由来でもあります。

会社の経営状態があまり良くなくても売掛債権が存在していればファクタリングで事業資金を調達することができるのです。

ファクタリングの仕組み

fakutaringu-sikumi

ファクタリングで事業資金を調達したいけどどのような流れで行われるのか分からない人も多いのではないでしょうか。基本的には下記の流れで行われます。

  1. クライアントに商品やサービスを提供
  2. 提供した商品やサービスに対する売掛債権が発生
  3. 発生した売掛債権をファクタリング会社に売却
  4. 手数料を差し引いた売掛債権の金額を資金化
  5. クライアントがファクタリング会社に売掛債権の金額を入金

ファクタリングで資金調達をするときに売掛債権がない場合は1と2も必要になってきますが、既にある場合は3から行うことになります。

そのためファクタリング会社によっては申し込みをしてから最短即日現金化することも可能です。

早く事業資金を調達したいときにすごく便利な仕組みになっていると言えます。

ファクタリングが政府推奨されている理由は?

fakutaringu-seifu-suisyou

ファクタリングは売掛債権を売却して資金化することができる資金調達方法の1つです。

資金不足で悩んでいる会社の経営者にとって便利な資金調達方法ですが、実は経済産業省も推奨しているのです。

ここ数年で景気が回復していると言われていますが、中小企業だと資金面でまだまだ苦しいことが多いです。

そのため借り入れするときに不動産を担保にすることも少なくありません。

最近では不動産の価値が低下してきているため必要な資金を調達することができない企業も増えてきています。

資金不足で倒産するケースも多いので政府はすごく気にしているのです。

ファクタリングは資金不足でも売掛債権があれば資金化することができるため企業が倒産するのを防げます。

その影響で日本の経済も活性化されていくので経済産業省はファクタリングを積極的に利用することを望んでいるのです。

ファクタリングは大きく分けて4種類!

fakutaringu-4syurui

ファクタリングは売掛債権を素早く資金化することができるので事業を進めていくうえで欠かせない資金調達方法になりつつあります。

ただしファクタリングは大きく分けると4種類の方法があるので実際に行う前にしっかり把握しておく必要があります。

そこで4種類のファクタリングの特徴を紹介していきます。

一括ファクタリング

一括ファクタリングはクライアントとの間に発生した売掛債権を業者が買い取る方法です。

一般的なファクタリングサービスで基本的にはこの方法で事業資金を調達する企業の経営者が多いのではないでしょうか。

債権者とファクタリング会社の間で行う2社間取引とクライアントも含めた3社間取引があります。

利用するファクタリング会社によってどちらに対応しているか異なるのでしっかり確認しておかなければいけません。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは医療機関が利用することができるファクタリングサービスです。社会保険や国民保険に対して診療報酬を請求することができますが、その債権を業者が買い取る方法で資金化します。医療ファクタリングは大きく分けると

・医療報酬債権ファクタリング(病院や診療所で適用)
・介護報酬債権ファクタリング(介護施設で適用)
・調剤報酬債権ファクタリング(調剤薬局で適用)

の3種類になります。取引先が国になるので倒産することがない点はメリットと言えます。ただし手数料が高くなる、収益事業ができないなど不都合になる部分もあるので注意が必要です。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは売掛債権に対して保証をする制度のことを言います。

取引先のクライアントが倒産して売掛金が支払われなくなる可能性もありますが、保証ファクタリングを利用すれば業者が代わりに支払ってくれます。

そのため貸し倒れリスクを回避することができるメリットがあります。

しかし業者に対して保証料を支払う、売掛債権によっては利用できないことがあるので注意が必要です。

取引先のクライアントに倒産のリスクがある場合は保証ファクタリングを利用してリスクを回避する方法として利用できます。

国際ファクタリング

国際ファクタリングは海外の企業に輸出してその債権を買取して資金化する方法です。

海外の企業が取引相手になると日本語が通じない、企業の経営状態が分かりにくいので倒産のリスクもあるなど問題が発生するケースも少なくありません。

そのため輸出債権を回収することができなくなる可能性もありますが、国際ファクタリングを利用すれば保証されるので問題ありません。

海外の企業と取引をしているときに資金化するのに適しているファクタリングサービスになります。

ファクタリングは2社間取引と3社間取引のどちらがいい?

fakutaringu-houhou

ファクタリングの取引をするときは債権者とファクタリング会社のみの2社間取引と取引先のクライアントを含めた3社間取引の2種類あります。

実際にファクタリングで事業資金を調達をするときにどちらがいいのか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

そこでそれぞれの特徴を挙げて検証していきましょう。

2社間取引のメリットは?

2社間取引は債権者とファクタリング会社のみなのでまず取引先のクライアントに売掛債権を売却することを知られない点がメリットになります。

売掛債権を売却して資金化することを取引先のクライアントが知るとあまりいい気分ではないでしょう。

その影響で関係性が悪化すること可能性もあります。

しかし2社間取引なら知られないので事業資金を調達した後も取引先のクライアントと良好な関係を保ち続けることができます。

また取引先のクライアントに通知する必要がないので手続きが早く終わります。

そのため最短即日で資金化することができるケースも多いので早く事業資金を調達しなければいけないときは2社間取引の方が適しています。

3社間取引のメリットは?

3社間取引は取引先のクライアントを介して行われるためファクタリング会社側のリスクが小さくなります。

それに諸経費も抑えられるので2社間取引より手数料が大幅に安くなります。

5%以下の手数料で資金化することができるので手元に入ってくる資金が多くなる点はメリットではないでしょうか。

また3社間取引のファクタリングサービスは大手金融機関も提供しています。

大手金融機関なら安全に事業資金を調達することができるので安心です。

2社間取引の注意点は?

2社間取引をするときは諸経費がかかってしまうことが多いです。

そのため手数料が高くなる点は注意しなければいけない点ではないでしょうか。

3社間取引だと手数料が5%以下になることが多いですが、2社間取引は15%から20%ぐらいになるのが一般的です。

また振れ幅が大きいため債権の金額によっては手数料が25%以上になってしまうこともあります。

2社間取引で事業資金を調達するときは手数料が高くなることを把握しておきましょう。

3社間取引の注意点は?

3社間取引は取引先のクライアントを介して行われるので売掛債権を売却することを知られてしまいます。

クライアントによっては気分を悪くして今後は一切取引しないと言われてしまうこともあります。

3社間取引でファクタリングをする場合は取引先のクライアントに知られても大丈夫かどうかを見極めてからの方がいいです。

また3社間取引は2社間取引に比べて手続きの量が多くなるので資金化するまでの時間がかかることが多いです。

資金が必要になる日までに間に合うように申し込みをすることが大切になってきます。

2社間取引と3社間取引の特徴を挙げていきました。

  • 資金化のスピード
  • 取引先のクライアントが手続きに関与するかどうか
  • 手数料

に違いがあることが分かりますね。

会社の状況をしっかり把握してどちらが適しているのか判断していきましょう。

即日入金にも対応してくれるファクタリング

fakutaringu-genkin

事業資金を調達するときに銀行から融資を受ける場合は審査が厳しい、提出する必要書類が多いなどが影響して時間がかかることが多いです。

必要な日までに資金調達することができないケースも少なくありません。

しかしファクタリングは売掛債権の存在が確認されれば会社の経営状態が悪くても審査が通ります。

また提出する書類もそれほど多くはないので手続きもスムーズにできるのです。

最短即日入金に対応してくれるファクタリング会社も多いので早く事業資金を調達したいときはすごく助かるでしょう。

ただし下記に該当すると即日入金に対応することができない場合もあるので注意しなければいけません。

  • 必要書類の不備
  • 売掛債権の信用性が低い
  • 申込情報の入力ミス
  • 混雑している

早く資金が必要で即日入金に対応してもらいたいときは申し込みをする前にこのようなケースに該当しないように準備することが大切です。

ファクタリングは違法性があるの?

fakutaringu-ihou

ファクタリングは売掛債権を資金化する方法なので基本的に違法性はありません。

政府もファクタリングで事業資金を調達することを推奨しているので正当な資金調達方法であることは間違いないでしょう。

しかしファクタリング会社が貸金業を営んでいる場合は利息制限法に抵触して違法になる可能性があるので注意しなければいけません。

そこで貸金業を営んでいるファクタリング会社を見分けるポイントを挙げていくので選ぶときに参考にしてみて下さい。

手数料が30%以上

ファクタリングの取引をするときも手数料が発生しますが、基本的にはそれほど高くありません。

2社間取引の場合は5%以下で行ってくれることも多いですし3社間取引でも15%から20%ぐらいの手数料になるのが一般的です。

しかしファクタリング会社によっては30%以上の手数料が発生することもあります。

このケースはファクタリング契約ではなく貸金契約になっている可能性がありますので違法の可能性があります。

手数料が30%以上のファクタリング会社は利用しないようにしましょう。

取引ごとに契約書を破棄する

ファクタリングの取引をするときは業者が契約書を作成してくれるのが基本です。

契約書には細かな契約内容が記載されているので取引した後もしっかり保管しておきたいところでしょう。

しかしファクタリング会社によっては取引ごとに契約書を破棄することがあります。

この場合は実は貸金契約で契約書を保管されるとマズいので取引ごとに破棄していると考えられます。

貸金契約なら利息制限法に抵触する可能性もありますからね。また契約書を作成しない場合も貸金契約の可能性が高いので注意する必要があります。

貸金業を営んでいるファクタリング会社はこのような特徴があります。

実際に利用して資金調達した後に利息制限法に抵触して罰せられた人も過去に出ています。

しっかり見極めて優良なファクタリング会社で事業資金を調達するようにしましょう。

ファクタリングはどのようなメリットがあるの?

fakutaringu-meritto

事業資金の調達方法の一つとして多くの経営者が利用するようになってきているファクタリング。

銀行から融資を受けるよりいいと言われていますが、実際にどのようなメリットがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこでファクタリングのメリットを挙げていきましょう。

資金をスピード調達することができる

銀行から融資を受けて事業資金を調達するときは審査が厳しいので可決されたとしても回答されるまで時間がかかってしまいます。

早く資金を準備しなければいけないときは不都合になってしまうでしょう。

しかしファクタリングは売掛債権が存在しているという明確な審査基準があるためすぐに回答してくれます。

ファクタリング会社によっては即日入金にも対応してくれるので早く資金を準備しなければいけないときにすごく助かるのです。

資金調達のスピードが優れている点がファクタリングの最大のメリットになります。

保証人や担保が一切不要

事業資金を調達するときは会社の経営が厳しい状態になっていることが多いでしょう。

そのためお金を貸す側としては少なからずリスクがあるものなのです。

銀行から融資を受ける場合はリスクを考えて不動産などの担保や連帯責任を負える保証人を準備しなければいけないことも少なくありません。

しかしファクタリングは売掛債権を売却する取引になるので保証人や担保は一切必要ないのです。

保証人や担保を準備しなければいけなくなると手間がかかるので資金調達も遅れてしまいます。

保証人や担保を準備するのが難しい場合はファクタリングで事業資金を調達するのがおすすめです。

信用情報に履歴が残らない

銀行から融資を受けて事業資金を調達する場合は悪く言うと借金をすることになります。

そのため融資を受けるとリアルタイムで信用情報に履歴が残ってしまうのです。

信用情報に融資を受けた履歴が残ってしまうと取引先のクライアントからの印象が悪くなってその後の事業に支障が出る可能性もあります。

しかしファクタリングは売掛債権を売却して資金化するため融資ではないのです。

そのためファクタリングで事業資金を調達した場合は信用情報に履歴が残りません。

信用情報に影響することなく事業資金を調達することができる点もファクタリングのメリットではないでしょうか。

ファクタリングはデメリットもあるので注意!

fakutaringu-demeritto

ファクタリングはメリットが目立つ資金調達方法ですが、デメリットもないわけではないので注意しなければいけません。

そこでどのようなデメリットがあるのか確認しておきましょう。

手数料が高くなることがある

ファクタリングで資金調達をするときは手数料が発生してしまいます。

取引先のクライアントを介した3社間取引をすれば手数料が5%以下で抑えられることが多いです。

しかし取引先のクライアントを介さない2社間取引をするときは回収できないリスクがあるため手数料が高くなります。

15%から20%ぐらいの手数料が発生するので手元に入ってくる資金も少なくなります。

手数料を安く抑えたい場合は3社間取引で行う必要があるので注意しましょう。

取引先のクライアントとの関係が悪化するリスクがある

手数料を安く抑えたいときは3社間取引で行うことになりますが、その場合は取引先のクライアントに通知します。

売掛債権を売却して資金化するのを知ったときに取引先のクライアントが気分を悪くすることも実は少なくないのです。

その影響で今後は一切関わりたくないと言われる可能性もあります。取引先のクライアントがどのようなタイプの人なのかをしっかり見極めてから事業資金を調達するようにしましょう。

悪徳業者が少なからず存在している

ファクタリングは銀行融資などに比べると事業資金を調達するのにハードルが低いです。

規制が緩めなので悪徳業者が参入しやすくなっている傾向があります。

ホームページではファクタリング会社と紹介されていても実は闇金業者だったということもあります。

騙されてしまうと返済が困難になることも少なくないので注意しなければいけません。

ファクタリングで事業資金を調達するときは悪徳業者の存在もしっかり頭に入れて利用するファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

2社間ファクタリング取引で手数料を下げることはできる?

fakutaringu-tesuuryou

ファクタリングは3社間取引をすると手数料が安くなりますが、2社間取引をすると未回収のリスクがあるため高くなります。

取引先のクライアントに通知するのを避けたい場合は2社間取引で手数料を下げてもらいたいと考えるでしょう。

そのような時は交渉をして手数料を下げてもらう方法がありますが、ポイントがあるので紹介していきましょう。

取引の継続性があるかどうか

ファクタリングは売掛債権を売却して資金化するため取引の継続性があるかどうかで信用性が変わってきます。

継続性があると判断されれば信用性も高まるので交渉すると手数料を下げてくれることがあります。

契約書だけでなく事業計画なども用意すると取引の継続性をアピールすることができるので効果的です。

返済実績もアピール材料

過去に銀行やビジネスローンを利用して事業資金を調達した経験があってもその事実を言いにくい部分もあるでしょう。

借金をしたことになるので手数料がさらに高くなってしまうのでははないかと不安になるものです。

しかし見方を変えればしっかり返済していることにもなります。

そのためファクタリング会社からも借りたお金をしっかり返済すると評価されて信用性が高まるケースも少なくないのです。

返済実績をアピールすると手数料を下げてもらえることがあるので交渉するときのポイントにもなります。

紳士的に交渉をすることも大切

どうしても手数料を下げてもらいたいときは強気な態度を取って交渉してしまうことがあります。

しかしファクタリング会社からするとすごく失礼だと感じてしまうことも多いです。

特に初めて利用する場合は業者側もどのような企業なのか分からないため慎重になります。

そのためリスクを考えて手数料を高くしているので強気な態度で交渉をするのは良くありません。

紳士的に交渉をして業者側に安心感を与えることが手数料を下げてもらえることに繋がっていくケースもあります。

ファクタリングの審査が否決になる理由は?

fakutaringu-no

ファクタリングの審査は売掛債権の存在と信用度があることを重視して行われるためハードルが低いと言えます。

銀行から融資を受けるのは難しいけどファクタリングなら対応してもらえた企業も多いです。

しかしファクタリング審査は必ずしも可決されるわけではないので注意しなければいけません。

そこで否決になる理由を挙げていくので審査を受ける前に押さえておきましょう。

売掛債権の証明が不十分

売掛債権があることを証明するために契約書や通帳などを提出しますが、紛失してできないこともあるでしょう。

そのような時は業者側から提出を求められても断ってしまいます。

しかし業者側の立場になると本当に売掛債権があるのかどうか疑ってしまうことも少なくありません。

売掛債権の証明が不十分で審査が否決になるケースはよくあるので注意が必要です。

個人相手の売掛債権

売掛債権の相手が企業なら信用性が高いですが、個人だと判断が難しくなります。

その影響でほとんどのファクタリング会社が審査で個人相手の売掛債権はNGにしています。

個人相手の売掛債権でファクタリング審査を受けると否決になる可能性が高いので注意が必要です。

どのファクタリング会社を利用すればいい?会社比較をして選ぼう!

ここ数年でファクタリング会社が増えてきているため選ぶのに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

会社によって特徴が違うので実際に利用してみると相性が悪かったというケースもあります。

そのため会社比較をして利用するのに一番適している会社を選ぶことが大切になってきます。

そこで人気があるファクタリング会社を7社紹介しますので実際にファクタリングで事業資金を調達するときに比較してみて下さい。

Mentor Capital(メンターキャピタル)

メンターキャピタルは売掛金買取=ファクタリングのスペシャリストとして長い実績があります。2009年設立とファクタリング会社の中でも老舗といえるキャリアが信頼度の裏づけと言えます。全国対応で最短即日も可能で使い勝手の良い会社の1つです。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日
手数料 取引
2社間のみ対応

Frontierfort「FACTORING JAPAN」

2013年設立とファクタリング業界では比較的古いと言えますので、ノウハウや実績という面で安心感があります。実際の売掛金買取の成功事例も多く、評判も上々と言えますので安心して取引可能な1社です。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日 50万円~1億円
手数料 取引
1%~ 2社間のみ対応

ビートレーディング

2012年設立で業界では比較的古いファクタリング会社の1つです。知名度があり経営者からの評判も良いほうです。また億単位の資金化も可能となっているため多額の資金調達をするのにも適しています。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日 100万円~3億円
手数料 取引
2%~ 2社間、3社間

ビジネクスト

「経営を支える」をコンセプトにして営業しているビジネクスト。ファクタリング会社の中でもトップクラスの実績があるので中小企業の経営者がよく利用しています。また東証一部上場企業が提供しているため利用するときの安心感があるのも魅力です。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短3日 上限1億円
手数料 取引
2% 2社間のみ対応

ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントは東京と福岡に構えているファクタリング会社です。関東地方と九州地方の中小企業を中心にサポートしていきます。また出張来訪にも対応しているため関東地方や九州地方以外の中小企業が事業資金を調達することも可能です。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日 50万円~5000万円
手数料 取引
3%~ 2社間、3社間

えんナビ

えんナビは業界最低水準の手数料で売掛金を資金化することができるファクタリング会社です。また徹底した秘密厳守を意識して取引してくれるので会社の情報漏洩のリスクもありません。安心して利用することができるファクタリ会社の一つと言えるでしょう。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日 30万円~5000万円
手数料 取引
5% 社間のみ対応

日本中小企業金融サポート機構

郵送ファクタリングのサービスを提供している日本中小企業金融サポート機構。書類をするだけで完結するためすごく簡易な点がメリットではないでしょうか。どれくらいまで資金化することができるかなど無料診断が10秒でできるので人気があるファクタリング会社の一つです。スペックは下記の通りになっています。

調達スピード 買取額
最短即日 上限なし
手数料 取引
8%~ 2社間、3社間

個人事業主がファクタリングで事業資金を調達するには?

個人事業主は中小企業より事業規模が小さいため売掛金をするときのリスクが高まってしまいます。

また売掛金の継続性があまり期待できないことも多いためファクタリング会社では歓迎されないケースも少なくないのです。

しかし契約することができないわけではありません。

個人事業主でも信用性が高い売掛金が発生するようなクライアントと契約すれば支払能力があると判断されてファクタリング会社の審査でも可決されます。

また契約書類を期日までに準備する、面談するときの時間を守るなどマナーをしっかりしていれば業者からの信用度も高まるので効果的です。

実際に個人事業主がファクタリングで事業資金を調達するときは意識しておきたい点と言えます。

ファクタリングの契約をするための必要書類は?

ファクタリングは銀行融資と比較するとハードルが低い資金調達方法ですが、金銭取引になるわけなので審査は行われます。

そのため申し込みをするときに提出する必要書類があるので準備しなければいけません。

一般的に下記が必要書類になるので申し込みをする前に確認しておきましょう。

  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 直近3年分の決算書
  • 取引先のクライアントとの契約書
  • 売掛金の対象になる商品やサービスの請求書
  • 過去の入金が記載されている通帳

ファクタリングで事業資金の調達を行うときはこのような必要書類を準備すれば基本的にOKです。

しかし状況によって身分証明書や住民票などの提出を求められるケースがあります。

業者にしっかり確認してもし必要であれば準備しておきましょう。

来店不要のファクタリング会社を利用するメリットと注意点

ファクタリングで事業資金を調達するときは一般的に業者側と面談をして審査をしてもらう形になります。

しかし来店不要のファクタリング会社も増えてきているため面談なしで対応してもらえます。

最近では来店不要のファクタリング会社を利用する中小企業の経営者も増えてきていますが、実際にどのようなメリットと注意点があるのか見ていきましょう。

コスト削減をすることができる

ファクタリング会社に来店するときは交通費などがかかります。

会社から離れた場所にある場合は出張という形になり宿泊費がかかってしまうこともあります。

事業資金を調達したいときにコストはできるだけ削減したいものです。

来店不要のファクタリング会社を利用すれば交通費や宿泊費などのコストはかからないので好都合になります。

事業を中断する必要がなくなる

ファクタリング会社に来店するときは一定の時間が必要になります。

そのため事業を中断しなければいけなくなることも多いです。

しかし来店不要のファクタリング会社を利用すれば来店する手間を省けるので事業を中断する必要もありません。

事業内容によっては中断すると支障が出ることがあるので来店不要のファクタリング会社を利用する経営者もいます。

悪徳業者に騙されないように注意!

来店不要のファクタリング会社を利用するときはスタッフと対面しないので悪徳業者に気づかないことも少なくありません。

実際に利用して騙された経営者も過去にいるので注意する必要があります。

悪徳業者が参入しやすいと言われているので来店不要のファクタリング会社を利用するときはしっかり見極めてから申し込みをしましょう。

ファクタリングまとめ

中小企業の経営者が事業資金を調達するときに利用しているファクタリングについて解説しました。

ファクタリングは、今後メインの事業資金の調達方法に発展していく可能性も秘めています。

ただし信頼性がある会社を選んで安全面で問題が発生しないような取引をして事業資金を調達することを心掛けましょう。